事務職・中途入社

一人ひとりが持てる力を存分に発揮できる働き方、働く環境・制度を追求する。

2009年入社 M.Fさん

人材部
M.F

社員インタビュー
事務職 人材部 M.F
事務職 人材部 M.F

業務内容

社員が成長し能力を高めていくための「人材育成の仕組み」を考えます。具体的には社内資格制度や研修の企画、実施、採用活動など幅広い仕事に取り組んでいます。
他部署と協働しながら、知恵と工夫を振り絞り、より価値あるものを生み出すことを意識しています。

01.インタビューInterview

女性がいきいきと働ける会社とは
「女性でも一人の自律した人でありたい」という想いがあり、出産してもずっと働いていきたいと考えていました。
転職エージェント から「女性が働きやすい環境と制度が整えられている会社」と推薦され、人材マネジメントに力を入れている社長の考えや女性社員のいきいきと働いている姿を見て、当社への入社を志望しました。 
個人の問題はチームの問題とする風土
「人を大切にし、社員が能力を発揮できる環境をつくる」という当社の考えは昔も今も変わっていません。
私は2回の育休を取得しましたが、育休を業務改善のチャンスとして捉える考え方が浸透しています。単純に欠員補充をするのではなく、知恵と工夫で業務を改善・改革するので、育休取得者が出た部署は、どの部署も生産性が向上しています。何事も協力して解決する風土があり、個人の問題はチームの問題として考える姿勢が根づいています。
事務職 人材部 M.F
「一生懸命働く」ではなく「真剣に働く」
他部署と一緒に新しい課題に取り組む時、課題意識の共有が浅く、求める成果が得られなかったことがありました。
意識の共有には、納得できるまでとことん話し合うことが大事です。そこで、まずは自身の中で課題を深めるよう自問自答するようにしています。当社では「一生懸命働く」ではなく、「真剣に働く」ということを新入研修で学びます。やり方次第で成果は大きく変わるということを意識し、この会社に入り「働く」ということについて自分の働き方を真剣に考えるようになりました。
より大きく成長するための昇格チャレンジ
現在、「昇格チャレンジ 」中で、約1年かけて取り組んでいます。チャレンジを通して主任としての自覚が芽生え、一歩先をリードできる存在を目指して頑張っています。 
生半可な気持ちでは取り組めない厳しさを感じていますが、合格すればそれを乗り越えた分、大きく成長できると思っています。
経営者との直接の面談も数回実施され、その貴重な時間はやる気にもつながっています。
事務職 人材部 M.F
事務職 人材部 M.F
忙しい日々、子どもたちの成長が心の支えに
週末はほとんど2人の子どものお稽古の送迎に追われています。頑張っている姿を見守りつつ、成長を見ることができて楽しいです。
子どもにピアノを習わせたくて、まずは自分が習ってピアノを弾く姿を見せ、娘に興味を持ってもらえるように日々特訓中です。

02.一日の流れFlow

  • 8:30
    出社、朝礼、メールチェック
  • 10:00
    部署内ミーティング
  • 12:00
    昼休み
  • 13:00
    問合せ、メールチェック
  • 14:00
    企画会議
  • 15:30
    実務、資料作成
  • 16:30
    明日の業務確認、日程調整など~退社

03.今までとこれからCareer plan

  • 1年目

    新入研修で先輩社員が講師となり、知識面だけでなく働く姿勢も学ぶ。
    親睦研修会「緑風会」で横のつながりも深める。
    講演会やセミナーで社長と同行する中、会社の考え方や人材経営について理解していく。

    2~3年目

    幅広く人材部全体の業務を把握し、新入研修や資格制度などの事務局を担う。
    資格制度にも積極的にチャレンジ。

    新しい資格制度として応対技能資格「おもてなし技能資格」の策定にあたり、メンバーで資料を収集しながら社内テキストを作成。
    社外の合同企業説明会で会社説明を実施したり、社外講演会で事例発表などを行ったりするようになる。
    複数の事務局を同時進行で進める能力も身につける。

  • 4~5年目

    1人目出産のため産休・育休を取得。
    1年後、在宅勤務で復職し、さらに半年後に短時間制度を利用して職場復帰。

    6年目

    復帰半年後、2人目出産のため産休・育休を取得。
    7ヶ月後、早期復職支援制度を利用して職場復帰。

    現在

    事務職成長委員会に所属。事務職全体の専門能力の向上を目指し、知恵と工夫で取り組み中。
    主任として一歩先をリードできる存在を目指し、「昇格チャレンジ」で研鑽中。

    これから

    無事、主任に昇格。人材部という仕事柄、社内外問わず多くの方と関わる機会が多いので、人の力を引き出せる、プラスの影響を与えられるような姿勢を大切にしたい。

他の人を知る

MORE